バスケットボールの歴史

バスケットボールの歴史について見ていきましょう。
アメリカの大学の講師によって、バスケットボールは考え出されました。
公式な最初の試合は、アメリカの大学で1892年に行われました。
この大学の講師は、室内で長い冬のシーズンにできるスポーツの激しいものを考えていました。
その結果、桃の籠を体育館に下げて、サッカーボールをその籠に入れて競争するというような、現在のバスケットボールが誕生しました。

バスケットボールが考え出された当時は、人数が制限されていなかったり、ルールが決まってなかったりしました。
そのため、バスケットボールのプレーを100人近くで行ったり、観客がゴールを妨害するなどのトラブルがあったりしたそうです。
当初からバスケットボールは非常に人気になっており、女性のバスケットボールが大学の体育教師によって始められ、プレーがアメリカ各地で行われるようになりました。

その後、バスケットボールの国際連盟が1932年6月に結成されました。
また、バスケットボールが正式なオリンピックの種目として、男子の場合はベルリンの1936年のオリンピックから、女子の場合はモントリオールの1976年のオリンピックから採用されるようになりました。
日本へのバスケットボールは、アメリカの大学を卒業した人が東京で1908年に最初に紹介しました。
その後、バスケットボールの協会が日本において1930年に設立されました。
本サイトでは、どのような歴史か、アメリカで誕生、についてご紹介します。



※関連情報
バスケユニフォームやウィンドブレーカーなどバスケの各種ウェアを購入できます ⇒ バスケユニフォーム 購入

Copyright © 2014 バスケットボールの歴史 All Rights Reserved.